プロフィール

ガリにゃん

Author:ガリにゃん
■1st / gari
NUNO在籍の生粋のドラツイ戦士。
一度も物理経験無く今に至ります。
■2nd / クマ太
NUNO在籍の犬、今はwizに浮気中。
犬に戻る日は来るのだろうか。
■3rd / 森高千里
400Lv制限Gに在籍のバインド悪魔。
3rdながら最も金のかかるキャラに。
■4th / ガリにゃん
DFシフ。と言うか露店&地下界シフ。
装備がN品ばかりで弱すぎます。

ロトボックス

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生い立ち~gari編.その1

RSから消え去った昨年7月から少し前、RSでの自身の生い立ちを何処ぞのフレパで書いていたのですが、書いている途中で私本体ごとRS界(?)から消えましたので、その生い立ち日記も途中で止まっていました。

つい先日、肌から「あれの続きを」と言われましたので、こちらで書いてみようかと思います。

いきなり続きを書き始めても、何が何やらという方もいそうですから、まずは多少改変しつつ転載っ


■生い立ち~gari編.その1

2005年9月、我が家のパソコンで戦士として生まれる。
ずっと忙しかったリアル生活からの逃げ場を探していたのかもしれない。
それが私にとってはRSだった。

当然の事ながら勝手が判らず、Lv15位まで延々と古都南の金槌野郎を倒す。
Lvを15も上げたのに、名前の隣に初心者マークが付いていて気に入らなかったのは、今じゃ良い思い出なのかもしれない。

ド素人ながらそろそろ経験値が美味しくない事に気付き、旅に出始める。

「若葉マークは付いているが、もうLv15。俺は既に若葉じゃないだろう。」

そんな思いもあったのかもしれない。

誰か大勢が向かう場所が良いのであろうと、まずはオート監獄へ。
何度も死亡して諦める。

続いて向かったのは古都西の墓地。
何やら多くの人が集まって向かっていたからだ。
うん、ここは美味しい♪
Lv25位まで墓地B3の包帯野郎と戯れる。
思い起こせば、この狩り場でたまに現れては5分程度で抜けてしまう戦士さんがいた。
Lvは150前後だっただろうか。
今思えばただの俺TUEEE系なんだろうけど、当時は彼の全身を甲冑で包んだその姿に憧れていた。

ふと、墓地B3の狩り場で得た情報からすると、秘密の狩り場が存在するという驚愕の事実を知る。
どうやらソレは通称「赤目」と呼ばれるトコロにあるらしく、親切な方についていってみると……これまたウマイ♪
今思えばその人も詳しくなかったと見えて、その場所は全然秘密Dじゃなく普通に赤目B2だった事は内緒の話だ。

しばらく赤目で狩っていると、またしても新事実が発覚!
どうやら、いつもの町から違う町までテレポートできて、その町は多数に及ぶという話を聞く。
そして、そのテレポートを使うと、麻薬ヴァンプと呼ばれる激ウマな狩り場へ行けるという……。
しかし、その激ウマな代償としてテレポートで1万Gかかるらしく、そんな詐欺っぽい話に引っかかる訳にもいかず、しばらくは赤目で過ごす。

この頃にハマっていたスキルが「強突き」と「サイクロンピーク」。
強突きでCPを貯めてサイクロンを撃っていた。
サイクロンは、物理ダメに弱範囲の風ダメが付与される突き攻撃で、見た目がなかなかカッコ良い。
この技を、もっと違う強い敵で試してみたい……。
やはり私は詐欺を覚悟で1万G払うしかないのかっ。

狩り場で聞いていた通り、一路アウグスタと呼ばれる町へと飛ぶ私。
コツコツと貯めてきたお金が一気に吹っ飛ぶ。
いやいや、その激ウマな狩り場では、高値で売れる指装備が拾えるらしいじゃないか。
……まあぶっちゃけ私は指をどうやって装備するかさえ知らなかった訳だが。

聞いていた通りの道順で狩場へ向かう途中、蜂の大群に何度か襲われ、座って回復→再び歩き出す、を繰り返し、何とか着いた伝説の狩り場「麻薬ヴァンプ」。
運良くPTに入れたその中身は……ウマすぎる!!!
驚きのウマさに腰が抜けそうになりつつ、Lv50ほどまで吸血鬼達にお世話して頂く。

今日も今日とて麻薬ヴァンプへと通うgari。
しかし今日は混んでいる模様。
それでも端の方でヒッソリと狩っていると、私と同じ様にしてシフ二人が現れ、「空いてないか……」「混んでるね~」などと会話している。
私も一人で寂しかったのかもしれない。

「一緒に狩りませんか?」

自分から狩りに誘ったのは初めてだ。
勇気を出して初めての告白に近いモノがあったのかもしれない。
「戦士さんありがとう」「心強いなぁ」
この告白に二人のシフさんは了承してもらい、3人狩りが始まった。

低Lvシフさんとであれば、メイン火力は私になり、とても心地よかった。
私が唯一使える攻撃「サイクロンピーク」は、冴えに冴えた。
しかし今日の吸血鬼は大人気。
狩ろうにもなかなか狩れない。

「ありがとう。逆に手伝います」「よし、オヤジ出すか。」

何やら意味不明の台詞を喋っている二人のシフさん。
まもなく見知らぬ剣士さんとビショップさんが現れ、PT要請を出される。
剣士さんは「トラド」、BISさんは「モモ☆」という見知らぬ名前。
どうやら先ほどのシフさん達のメインキャラらしい。
この時、私は初めて「キャラを2つ以上作れる」という凄い事実を知る。

いざPTへ加入してみると、何とどちらもLv100以上。
そして、帰還の巻物も使っていないのに画面が次々と切り替わり、見た事も聞いた事もない場所へ。画面上には「セスナの道」。
ここで、吐き気がしそうなほど強い二人にLvを上げてもらい、他にも様々な情報を入手させて頂く。
そして、普段から買えもしない露店を巡って欲しいと思っていた、あの憧れの「炎の剣」を無料で貰ってしまった!
(Nフランベルジュです)
さらには、能力値が上がってしまうギルドとやらに誘われ、何と本来お金のかかるギルド入会の分も負担してもらい……。
世の中、良い人達っているもんだと関心。

そのギルドは、暗殺集団『NUNO』と呼ばれるギルドだった。
(その2へ続く)


P.S
今日はクマ太のメインクエ締め日でした。
当然、挑戦したのは先週見事に散った例のアレですっ!


2008091801.jpg

\(^o^)/
ドラツイ&ワンコ冠がついに完成っ!!!

<< 生い立ち~gari編.その2 | ホーム | 失敗例 >>


コメント

頭完成おめでとーございます^^
いつぞやのエピソードの続きはオイラも気になっていたので楽しみで仕方が無い^^

ついに完成!
おめでとうっすb
ガリさんの文章はとても楽しく早く続きが見たい・・・
ってかいっそのこと、これを漫画にしてはどうでしょうか?きっと売れますぜ。
その時はおいらもフルネームで登場させてください

懐かしいな・・・

これは俺も楽しみながら読ましてもらってました。
今ではたまにしかINしてないし、
「NUNO」との綱がりも消えまったくわからぬ状況ですが、
昔からいた人たちは今でも覚えてくださってる方もいるみたいで、感激でした><
「NUNO}は本当に楽しくいい人の集まりで、
RSは一番のオンラインゲームのようにも感じます。
このエピソードが最後まで完成をすることを楽しみにしながらこれからも拝見さしていただきたく思います。
ふらっと現れての長文失礼しました。

冠おめ~(*´ー`*)

あとエピソードは本当におもしろいっ。
私はもう、昔のこと覚えてないやwww
現在の廃人になるまでの経緯を楽しみにしながら読みますねっ★

おっ

おいらが始めて gari さんを見たのはやぶのギルハンでした。途中で迷い死にしてるところを迎えに来てくれましたねー。続きが楽しみです^^

皆さん、持ち上げても何も出ませんよっ!(笑

なんか色々思い出しちゃうねー

わけもわからないまま説明だけ読んでテイマでバトリンつけてこれで強くなる!って思ってたりしてたわー 
ポーション何処で買うかも知らなかったりねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。